学生ローンは銀行等では金額などがかなり厳しく、審査も厳しいです。融通に聞くカードとはならず、お金の出し入れができるというよりも、決まった金額を全額貸し付けてもらい、その後、決まった金額を払っていくという方法が多いでしょう。消費者金融の場合、審査等については銀行と同じように信用情報機関などに依頼しますが、社会人のものよりも厳しくなく、お金の使途についても問われないので、学費、旅行、サークル活動等様々に利用でき、基本的に親の連帯保証人なども必要ありません。

 

申し込みについて一般の方は自動契約機で夜遅くまで契約でき、即カードが出てくるのでそこでそのまま費用を借りる事が出来ます。ただ、学生ローンの場合、自動契約機を利用出来ないの平日15魔Dのインターネット受付や電話による受付、その他窓口による受付をによって学生ローンの審査を行う事になります。

 

銀行系では、審査に必要な処理として、本人管区人資料の提示、写しの提出などが必要となりますが、この場合に、身分証明書として運転免許証や健康保険証などと友共に、学生証が必要になる事です。消費者金融系の学生ローンを利用する場合、この学生証の写し等は必要ありません。また学生ローンの中には、銀行口座を持っているかどうか、銀行キャッシュカードの券面の写し提出がある所もあります。